体育会系文化部

20代男子の生き方を考える

マレーシアで一体何をしていたのか?【海外インターン・仕事内容】

f:id:mk29291029:20180926172433p:plain

ケイマツモトです!

僕は2017年2月〜12月までの約10ヶ月間、マレーシアでインターンをしておりました。

日系の不動産×ITスタートアップのセールス部門で働いており、

結果的に、
初めは英語力が0だったのにも関わらずタイのセールスリーダーに就任し
半年で約700万円の営業売り上げを出しました

今回はそんな僕の実際の仕事内容から
1日のスケジュールまで全てを公開していこうと思います!

この記事が
これから海外インターンをしようと思っている人の参考になればと思います。

 

 

働いていたスタートアップ企業について

僕が働いていたスタートアップは東京に本社をおく、
不動産×IT領域で主に広告事業と仲介事業を行う創業2年目の会社でした。

会社は
「海外不動産取引に快適と安心をもたらす」というミッションのもと、
日本と海外(主に東南アジア)の不動産を紹介するwebサイトの運営と海外の不動産を買いたいと思っている日本人の不動産売買をサポートする仲介事業を行っていました。

社員は数名であとは
日本人のインターン生と留学生インターン生が半々で働いていました。

マレーシアに支社があり、そこで僕は働いていました。
東南アジアの不動産開発業社への開拓が大きな機能でした。

 

どんな業務をしていたのか?

僕は営業部門にいました。

営業部門の主な仕事内容としては
東南アジアで不動産を開発しているデベロッパーに対して、広告の営業をすることでした。
日本で言うところの三菱地所や野村不動産などのような会社です。


詳しく書くと、
日本人にとって海外不動産の情報は言語や法律の問題で不透明です。
なので会社が運営している情報サイトに日本語で不動産情報を載せることで日本人のお客様を獲得するお手伝いをすることが会社の目的であり、その掲載料を獲って来ることが営業部門の役割でした。


私が働いていたスタートアップでは
リスト作りから営業、契約まで全てインターン生に任せられていました。
出張もインターン生だけで行かせていただけることがほとんどでした。


今考えると非常に恵まれていたと思います。
一般的なインターン生の役割といえばリスト作りやアポ取りだけさせて、
営業は社員が行うという形が多いです。


具体的には下記の業務を行っていました。

  1. 営業先リスト作成
  2. テレフォンアポイントメント
  3. 営業
  4. 契約
  5. フォローアップ

1. 営業先リスト作成

営業先リストの作成は営業の最初のステップです。

リスト自体は買うこともできるのですが、
スタートアップなのでいかにお金をかけずにやるかという点と調べる過程で不動産に関する情報に触れることができるので自分たちで作成していました。

具体的には
タイの不動産会社を検索してエクセルのシートに情報を移していく作業です。
これが効率的に調べていかないと結構時間がかかるので、検索スキルやパソコンのショートカットのスキルを身につけられました。

2. テレフォンアポイントメント

いわゆるテレアポです。
全て英語で会話します。

僕は1日50件以上はかけていましたがそれでも少ないほうです。
基本的にテレアポは嫌煙されますが
その分アポイントが取れた時の達成感は半端ないです。

「タイって英語通じるの?」と思う方がいると思うのですが、
不動産業界のマネージャークラスの人はほとんどが英語を話すことができます。

3. 営業

営業は基本的には2人1組でいきます。

役割と1人が主に話して、もう1人がメモや、サポート役になります。

僕が働いていたスタートアップの営業はしっかりとヒアリングをしてから提案するという方法で、コミュニケーション能力が必要になります。

時間としては1時間くらいで1日に5件ほどアポイントメントをとって
営業をしていました。
5件に足りない日は飛び込み営業をして、1日の目標を達成していました。


僕はタイ(バンコク・パタヤ)の主要不動産デベロッパーは全て周り切りました。

4. 契約

商品がいいと思ってもらえば契約になります。

契約をし、お金を頂いた際はしっかりとお客様の期待に応えなければならないと身が引き締まります。

5. フォローアップ

フォローアップでは契約していただいた企業に現状の報告をしたり、
これからどうしたりしようかを話し合います。

また契約してくれなかった企業も契約の可能性が残されている限りは
しっかりとフォローをしていきます。

以上が具体的な僕が行っていた業務でした。

 

オフィスでの1日

オフィスでのスケジュールはざっくり下記のような感じです。
9:00     出社・朝礼
9:10     チームミーティング
9:20     メール返信・資料作成
10:00      テレアポ開始
12:00      お昼休憩
13:00         資料・契約書・記事作成
15:00      テレアポ再開
17:00      チームミーティング
17:10         作業
18:00       帰宅

 

営業日の1日

営業(出張)の際のスケジュールは下記のような感じです。
9:00      1件目アポ
10:00       終了・移動
11:00       2件目アポ
12:00          終了・移動・昼食
13:00     3件目アポ
14:00       終了・移動
15:00       4件目アポ
16:00       終了・移動
17:00          5件目アポ
18:00       終了・移動
18:30       作業
20:00               終了

営業日の1日は非常に忙しです。

またタイ暑い中でスーツを着て、電車で移動していたので、終わった際はクタクタです。

 

一緒に働いていた仲間

マレーシアのオフィスではマレーシア人、バングラデシュ人、モロッコ人、インドネシア人、アメリカ人、日本人など様々な仲間と一緒に働いていました。

彼らと仕事をしていると価値観の違いや文化の違いから衝突も少なからずありましたが、色々なことを学ぶことができました。

 

まとめ

僕はこんな仕事をしていましたよ、という紹介でした!

海外インターンは裁量権を与えてくれる企業で働くことができれば、
他ではない経験とスキルを得ることができます。
なので企業はしっかりと見定めたほうがいいです。


海外インターンに行くことが目的だと何も得られません
海外インターンはただの通過点、手段であって、その先に何かが見えていないと絶対に成長は得られないと思います。

なので目標をどこに設定するかもしっかり考えておきましょう!

もし何か質問等があればコメントかTwitter で
メッセージいただければ何度でも答えます!
では!